ゾビラックスについて

ゾビラックスは、ヘルペスウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬です。

ゾビラックスの有効成分であるアシクロビルは、体内の細胞に影響を及ぼすことなく、ヘルペスウイルスのみに効果を発揮することに成功した、世界初の抗ウイルス薬です。

性器ヘルペス、口唇ヘルペスなどの単純疱疹、帯状疱疹、水ぼうそうなどの治療に効果が期待できます。

今回はゾビラックスについて説明します。

ゾビラックスについて学ぼう

ヘルペスウイルスは、性器周辺や口の中などの皮膚や粘膜に水ぶくれを作るのが特徴です。

代表的な病気として、性器ヘルペス、顔面ヘルペス、口唇ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹などがあげられます。
水ぶくれやただれにより、皮膚や粘膜にピリピリとした痛みや痒みがあらわれます。

このような悪影響を及ぼすヘルペスウイルスに効くのが、抗ウイルス薬のゾビラックスです。

ゾビラックスは、イギリスに本社を置いて世界150ヶ国で展開しているグローバルな製薬会社グラクソ・スミスクライン社が製造販売しています。

ヘルペスウイルスにおいて世界初の抗ウイルス薬と認められてから、長年に渡って治療薬として用いられています。

ゾビラックスの有効成分であるアシクロビルが、ヘルペスウイルスのDNAの合成を阻害することで増殖を抑えて症状を改善します。

ウイルスの増殖が盛んな発症初期に服用すると、より効果的であると言われています。

ヘルペスウイルスの治療は、ゾビラックスのよう、体内に潜むヘルペスウイルスにまで作用し、効率よくウイルスの活性化を抑える内服薬が中心となっています。

軽度のヘルペスウイルスの治療には、患部に直接塗布する同成分の外用薬ゾビラックス軟膏を使用します。

性器ヘルペスについて

副作用を知っておこう

ゾビラックスにはどのような副作用があるのでしょうか?

主な副作用

腹痛・下痢・肝機能数値の異常など
※いずれも発症頻度は1%未満と少ないです。

また、発症することはごく稀ですが、以下のような命に関わる危険な副作用があることも覚えておきましょう。

  • アナフィラキシーショック
  • 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病
  • 急性腎不全
  • 幻覚、錯乱、痙攣、意識障害などの精神神経症状
  • 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群
  • 呼吸抑制、無呼吸
  • 間質性肺炎
  • 肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 急性膵炎

このような異常があらわれた場合はただちに服用を中止して、救急医療機関を受診しましょう。

ゾビラックスの正しい使用方法

ゾビラックスは、症状や年齢によって飲み方が異なるので注意が必要です。
正しく服用して、辛い症状を改善させましょう。

性器ヘルペス、口唇ヘルペスなどの単純疱疹の場合
成人は、1回200mgを一日5回に分けて服用します。
1回の最高用量は200mgまでです。
造血幹細胞移植における単純疱疹の発症抑制の場合
成人は、1回200mgを一日5回に分けて服用し、造血幹細胞移植施工7日前から施工後35日まで続けて服用します。
1回の最高用量は200mgまでです。
帯状疱疹の場合
成人は、1回800mgを一日5回に分けて服用します。
1回の最高用量は800mgまでです。

たっぷりの水やぬるま湯と一緒に服用しましょう。
万が一、飲み忘れてしまった場合は、気づいた時点ですぐに1回分服用します。

次の服用時間が近い場合は、飲み忘れの分は服用せず、次の分から服用します。
2回分をまとめて服用しないようにしましょう。

ポイント

錠剤はきれい割ることができる錠剤用ピルカッターなど使用すると便利です。

ゾビラックスの注意点

ゾビラックスの成分でアレルギー反応を起こしたことのある方は、服用することができません。

以下に該当する方も服用に注意が必要です。

  • 腎障害のある方
  • 肝障害のある方
  • 自己免疫疾患のある方
  • 高齢者
  • 小児
  • 妊娠中、または妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方

ゾビラックスを服用中は車の運転など、危険を伴う機械の操作は控えましょう。
パートナーへの感染リスクがある為、性行為の際はコンドームを使用が推奨されています。

また、併用に注意が必要な薬剤があります。

併用禁忌薬
  • プロベネシド
  • シメチジン
  • ミコフェノール酸
  • テオフィリン

ゾビラックスの購入方法

ゾビラックスは、日本でも承認されている薬なので、病院で処方してもらえます。
性器ヘルペスと似た症状の性感染症が他にもある為、まずは病院で診断を受けて処方してもらいましょう。

再発してしまったが病院に行く時間がない…
何度も再発して病院にかかるのに医療費の負担が大変…

そんな時には安全な個人輸入代行サイトでの購入がオススメです。

診察の必要もなく、海外の安全性の高い性病薬ジェネリックなどを購入できます。
万が一の再発に備えて、常備しておきましょう。

個人輸入代行サイトはこちら
※リンク先は性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。

ゾビラックスのメニュー

ゾビラックスのメニュー

性病の種類