女性の方が、感染率が高い!性器クラミジアについて

性器クラミジアは、クラミジア・トラコマティスと呼ばれる病原菌によって引き起こされる性感染症(STD)です。

主にオーラルセックスなどを含む、性行為によって、粘膜、体液、血液を介して人から人へと感染します。

老若男女問わず、セックスの経験がある方ならば、誰にでもなりうる病気です。

こちらのページでは、性器クラミジアについて説明します。

日本で最も感染者数が多い性感染症

性器クラミジアは、日本で最も感染者数が多い性感染症であり、近年では、年間2万5千人を超える感染者数が報告されています。

10~20代の感染者が増えていて、日本は世界でもトップクラスの感染率であるのが現状です。
下の図をご覧の通り、女性の方が感染しやすいことが分かります。

引用元:山の手クリニックより

また、性器クラミジアに感染しているパートナーとコンドームを使用せずにセックスした場合、感染率はおよそ50%であると言われています。

性器クラミジアにかかってしまっても無症状、または軽度な症状であることが多い為、自分が感染していることに気がつかないまま、パートナーを感染させてしまう恐れがあります。

正しく治療すれば、30日間で完治する

  • 性器クラミジアは完治する病気なの?
  • パートナーから、うつってしまったかも…
  • パートナーに、うつしてしまっていたらどうしよう…

性器クラミジアを発症してしまった疑いがあると不安になるかもしれませんが、悲観的になる必要はありません。

性器クラミジアは感染率こそ高いですが、検査法や治療法が確立されている為、正しく治療すればおよそ30日間で完治させることができると言われています。

ただし、性器クラミジアは完治しても免疫がつかない為、パートナーが感染した状態のままだと再感染してしまう可能性があります。

このようなピンポン感染を防ぐ為にも、必ずパートナーと一緒に検査を受けて治療することが大切です。

性器クラミジア発症から完治までの流れ

感染の疑いがある場合はどうしたら良いの?

性器クラミジアは、感染から1~3週間の潜伏期間を経て発症すると言われています。
自覚症状がない、または症状が軽いからと放置してしまうと悪化して、不妊症や子宮外妊娠の原因になることがあります。

また、妊娠中に感染してしまうと、流産や早産のリスクが高くなるだけでなく、産道を介して赤ちゃんに感染させてしまう恐れがあります。

性器クラミジアは自然治癒することはないと言われている為、発症が疑われた場合は適切な検査と治療を行うことが重要です。

パートナーと一緒に検査を受ける
検査は、病院や保健所以外でも受けることができます。

病院を受診する
女性は産婦人科、または婦人科、男性は泌尿器科を受診しましょう。
性感染症の診療に特化した性病科への受診もオススメです。

症状がない場合も検査を受けることができるので、感染が疑われたらパートナーと共に受診しましょう。

検査キットを使用する
  • 病院で検査してもらうのに抵抗がある
  • 病院に行く時間がなかなか取れない

という方には、検査キットの使用がオススメです。

ネット通販などで購入可能で、自宅で簡単に検査することができます。
指定の部位から検体採取を行い検査機関に送付するものや、その場で検査結果がわかるものもあります。

抗生物質(マクロライド系など)の服用で治療
炎症が肝臓周辺や骨盤内に広がっている場合は、点滴を行うこともあります。
自己判断で薬の服用をやめず、最後まで続けましょう。

病院で治療薬を処方してもらう
病院で検査を受ける、または検査キットの検査結果を持って病院へ行き、症状にあった治療薬を処方してもらいます。
個人輸入代行サイトで治療薬を購入する
性器クラミジアに効果のある抗生物質のジェネリック医薬品を、個人輸入代行サイトなどで購入することが可能です。

再度検査、陰性を確認
病院や検査キットなどで再度検査を行って、陰性であれば完治したということになります。
症状が良くなっても、体内に病原菌が残っている場合があります。
完治したと自己判断せずに、必ず検査を受けて陰性であることを確かめましょう。

感染を拡大させないための5つの予防法

①コンドームを正しく使用する
コンドームを正しく使用することで、性器クラミジアだけではなく、様々な性感染症の予防に繋がります。
性器クラミジアは直腸や喉にも感染するので、挿入時だけではなく、オーラルセックスやアナルセックスの時にも必ずコンドームを使用しましょう。
②不特定多数の人とのセックスを避ける
不特定多数の人とのセックスは、感染リスクが高くなる上、性器クラミジアに感染している相手を特定することが難しい為、完治しても再感染する恐れがあります。
信頼できるパートナーと共に検査を受けて、お互いが感染していないことを確かめてからセックスを楽しみましょう。
③体調不良や生理中はセックスしない
病気や生理中で体調が悪いと、免疫力が下がって性感染症に感染しやすくなります。
また、生理中の経血でも感染させてしまうことがあるので注意が必要です。
④性器や口の中を清潔し、傷つけない
性器、口内、皮膚など、身体には性感染症の原因となる病原菌が数多く付着しています。
シャワーを浴び、歯を磨くなど、特に性器周辺や口内を清潔に保ちましょう。
また、傷口や血液を介して感染することがある為、性器や口内を傷つけないように注意しましょう。
⑤定期的に検査をする
パートナーを感染させない為に、今現在、自分が性器クラミジアに感染していないことを確かめましょう。
病院や保健所に行きづらい方は、検査キットの購入がオススメです。
特にセックスの回数が多い方は、定期的に検査を行うと安心です。
個人輸入代行サイトはこちら
※リンク先は検査キットや性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。

性器クラミジアのメニュー

性病の種類