女性が発症しやすいカンジダ症について

カンジダ症とは、体内の常在菌であるカンジダ菌が、ストレスや疲れなどによって抵抗力が落ち、発症する病気です。

性病と間違えられてしまいますが、クラミジアなどの感染症とは異なります。

こちらのページでは、カンジダ症について詳しくご説明します。

なぜ?カンジダ症は女性に多いのか?

カンジダ症は、男性よりも女性に発症することが多い病気です。

女性の約20%が膣カンジダ症を経験しているというデータがあり、女性にとっては比較的かかりやすい病気であると言えるでしょう。

では、なぜ膣カンジダ症は女性に多く発症するのでしょうか?

まず、男性器に比べて、女性器の方が外気に触れにくい構造であるということが原因の一つと考えられています。

カンジダ菌はカビ(真菌)の一種であり、高温多湿の環境を好みます。

あたたかく湿気の多い場所やジメジメした梅雨の時期に、カビが多く繁殖するのと同じです。
体温36~37度で、外の空気に触れにくい女性器付近でカンジダ菌は増殖しやすいのです。

また、女性の中には妊娠や出産を経験する方もいます。

妊娠中や生理前は免疫力が低下して体内の常在菌のバランスが崩れたり、おりものの量が増えたりすることで、カンジダ菌が増殖しやすい状態であると言えます。

これらのことから、女性がカンジダ症を発症しやすいのが分かります。

カンジダ症の症状について詳しく

体内の常在菌がカンジダ症の原因

人間の体内には、「常在菌」と呼ばれる多くの細菌が存在しています。

膣カンジダ症を引き起こすカンジダ菌も、常在菌として膣内に存在しているカビの一種であって、普段は悪さをすることはありません。

膣カンジダ症とは無縁の健康な女性でも、実は、体内にカンジダ菌を持っています。
つまり、膣カンジダ症は誰にでも発症する可能性があります。

健康な状態であれば膣カンジダ症を発症することはありませんが、以下のようなことが原因で、体内の常在菌のバランスが崩れてしまうと発症のリスクが高まります。

発症の原因
  • 妊娠、出産、ピルの服用などによるホルモンバランスの変化
  • 抗生物質、ステロイドなどの服用
  • 糖尿病、ストレス、疲労などによる免疫力の低下
  • ムレやすい下着の着用など、性器周辺の高温多湿な環境
  • 刺激の強い石鹸などでの洗いすぎによる常在菌のバリア機能の破壊

これらにより、カンジダ菌が性器周辺で異常増殖することで、膣カンジダ症を発症してしまうのです。

カンジダ症の原因について詳しく

発症しないためには

では、膣カンジダ症の発症を防ぐために、日常生活の中でどんなことに気をつけると良いでしょうか?

ムレや汗などを防いで清潔に保つこと

高温多湿はカンジダ菌が好む環境です。
通気性の良い素材の下着や締め付けの少ない服を選ぶことも、膣カンジダ症の予防につながります。
入浴やプールの後など、水に濡れた時は性器周辺をよく乾かしましょう。
ナプキンなどは汚れたらこまめに交換して、清潔な状態を保ちましょう。
排泄の後は、前から後ろに拭きとるようにお尻を拭くと、肛門からの感染を防ぐことができます。

洗いすぎに注意

清潔にしなければいけないと、性器周辺を石鹸でゴシゴシ洗ってはいませんか?
刺激の強い石鹸などで洗う、またはシャワーなどで洗いすぎることによって、細菌から守ってくれる常在菌のバリア機能まで失われてしまうことがあるので注意しましょう。

生活習慣の見直し

カンジダ症は、免疫力の低下によって引き起こされることがほとんどです。
日頃のストレス、疲労、体調不良などが発症のきっかけになることがあります。

暴飲暴食、過度なダイエット、夜更かしなどの生活習慣を見直して、規則正しい生活を送ることで免疫力を高めましょう。

カンジダ症の正しい対応措置について

性器付近のかゆみなどの症状でカンジダ症が疑われる場合、まずは医療機関を受診することをおすすめします。
女性は婦人科、または産婦人科、男性は泌尿器科を受診しましょう。

デリケートな部分なので、病院で診てもらうのは恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。

しかし、我慢して放置していると、症状が悪化して取り返しのつかないことになるかもしれません。

また、膣トリコモナス症など、膣カンジダ症と同じようにかゆみが出る病気が他にもあり、それぞれ治療法が異なる為、自分で判断するのは非常に難しいです。
なるべく早く医療機関を受診し、医師による内診や培養検査などを受けて、診断してもらいましょう。

膣カンジダ症の診断を受けたら、医師の指示に従って治療を行います。
カンジダ症に効果がある抗真菌薬として、膣錠、外用薬、内服薬のいずれかを処方してもらうことが一般的です。

また、膣カンジダ症であることがわかっていれば、通販サイトやドラックストアなどを利用して抗真菌薬を購入することもできます。

カンジダ症の治療薬について詳しく

膣カンジダ症と似ている性病

膣カンジダ症は、カッテージチーズのようなおりもの、強いかゆみなどの症状が特徴ですが、似たような症状が出る別の病気があることも知っておきましょう。

膣トリコモナス症
性器カンジダ症と同じく、性器周辺に強いかゆみが出るのが特徴です。
悪臭を伴う泡沫状のおりものの増加、刺激感、熱感などの症状が出る場合もあります。
子宮頸管炎
淋病、クラミジアなどによって引き起こされて、子宮頸部に炎症が起きます。
膿性、または粘液性で黄白色のおりものの増加などの症状があります。
細菌性膣炎
性器カンジダ症と同じく、常在菌のバランスが乱れることで膣内に炎症が起こり、かゆみや刺激感などの症状が出ます。
灰色や白色のサラサラとしたおりものが多くなり、魚の腐ったような悪臭を伴う場合もあります。
骨盤内感染症
クラミジアや淋病などによって引き起こされる性感染症の一つであり、卵管や子宮内膜に感染します。
下腹部痛、不正出血、膿性のおりもの増加といった症状が出ます。
性器ヘルペス
性器周辺に水泡ができるのが特徴です。
おりものの変化はありませんが、性器周辺が痛がゆくなることがあります。

膣カンジダ症と細菌性膣炎以外は、主に性交渉で感染することがほとんどです。
これらのような症状が見られた場合も、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

カンジダ症のメニュー

カンジダ症の性病薬

性病の種類